心のアンテナに引っかかったものを日々偏った愛で綴ります。


by naturally24
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ロミオとジュリエットに行ってきた。

藤原たっちゃんと鈴木杏ちゃんのロミオとジュリエットに、
ぬかりなく行ってきた。

もーーー、凄かった。
たっちゃん、凄いよ。
もー、凄いの、感動した。
なんていうかさ、凄いんだよ。
ボキャブラリーがないから、凄いしか言えない....

杏ちゃんも舞台女優さんだな、って思った、凄く。
なんかねー、もうジュリエットなの。
出てきた瞬間から、なんかキラキラしてるの。

二人とも結構長い1人芝居みたいなシーンがあったんだけど、
凄く引きこまれたなぁ。






二階の後ろから数えた方が早いくらいの席だったんだけど、
二階凄く良かった。

だって、セットが凄いの。
前にブランチでやってたんだけど、
8Mとかあってさ、全部人の顔がついてるんだよね。
一見、何かわからない感じ。

でも、そこが墓地になったり、ベランダになったり、教会になったり、
色々変わるんだよね。
凄かったのが、照明。
なんじゃこりゃ、って思った。
いや、良い意味でさ。
照明によってで色んな場所に見えるのよ、そのセットがさ。

それが全部見えて、良かったなー。



お話は結末は悲恋、だよね。
もうー、最後は悲しいお話。
だって、死んじゃうんだもん。
後半はズーーーンっと空気が重くてね、なんとなく。


前半は、もうキラキラしてるの。

恋ってなんて素敵なんでしょーって言うのを、
藤原ロミオと鈴木ジュリエットがね、演じてるの。

もう、なんか可愛いんだ、二人。
チューもいっぱいしてたね。
そこも、なんか良い感じでさ。

もうなんて言うか、凄く可愛い恋なのよ。
夢中なの、二人は。
でも、そこが凄く良くて。

二人が愛しくなっちゃうくらい。
幸せって良いよねー(^^*) みたいな。


それがね、急展開。
ま、お話は、知ってると思いますが。


そこからね、もうズドーーーーンと落ちるんだけど、
もうね、凄いの。
ホントに、この二人は凄い。
実際に見た事ある方はわかると思うけど、
ホントに、なんか引きつけるの。
どんどん入り込んじゃう。

最後ね、二人とも死んじゃうんだけど、
泣いちゃったよ。
また、たっちゃんに泣かされたよ。
でも、ホントに悲しくて、なんかね、やっぱり凄かった。



もう、これは言葉じゃ説明できない。
やっぱり藤原くんは舞台俳優さんなんだなぁ、と実感。

また藤原たっちゃんの舞台見たくなった。
ホント、良かった。
杏ちゃんの他のも見てみたい。


あーーーー、なんか凄かったよ。
凄い有意義な時間だった。

見て良かった、この舞台。
ヒロシと違って、終わった後になんか色んな感情が入り混じって、
なんとも言えない感じで。

これが世界の蜷川かーと。
まだまだ知らない世界は広いな、と思いました。

凄くたっちゃんも杏ちゃんも早口でしゃべってて、
あれは、演出なのかな。
なんか圧倒されたー。


帰りがけ、思わず、売店でたっちゃんのカレンダー買いそうになったよ(笑)
買ってないけどさ。



素敵な世界をありがとう、藤原くん、杏ちゃん。
[PR]
by naturally24 | 2004-12-21 20:31 | 藤原竜也