心のアンテナに引っかかったものを日々偏った愛で綴ります。


by naturally24
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

レ・ミゼラブル 5月5日昼の部感想(後編)

再び突如レ・ミゼ感想の続き。


なぜなら、明日はレ・ミゼだからだ(また)
よって、前回の感想を書き上げたいのだ。


ちなみに明日は。

山口祐一郎、鈴木綜馬、笹本玲奈、マルシア、
知念里奈、泉見洋平、徳井優、森公美子、坂元健児



バルジャン、ジャベール、コゼット、テナ夫以外は、
初回に見た方と同じだと、今気づきました。

久々森くみさん。
坂元アンジョも久しぶりー。
わっほほーい、楽しみー。

ちなみに初の夜公演なので、ガブ少年が大人の方なんですよね。
その辺も楽しみです。
ちなみにリトルコゼットは、夜公演もお子様だそうです。
出番の時間の差なんだろうねー。

どうがんばってもリトルコゼットは、大人じゃ無理でしょう(笑)


で、こないだの感想。







こないだの感想の前編はこちら



岡田マリウス。

いやーーーーー、なんか面白いんだよ、このマリウス。
いや、笑うところだったのかは、謎だが。


舞台ってやっぱり若干オーバーアクションですよね。
それがね、目の前で見るとね、更にオーバーで。
もーーーー、コゼットに会った後とか、最高!
なんか足元がね、もうね、ふらふらなの(笑)

コゼットにハートを射抜かれて放心状態?
ま、マリウス本人も♪燃えるー太陽の矢が胸に飛び込んだーと
歌ってるわけだし、間違っちゃいないのだが、
それが面白すぎた(笑)

まさに♪僕は飛ぶよ虹の空へーーーーと、
どこかへ飛んで行きそうで(笑)


なんていうのかなー。
もうね、歌詞の内容を動きで演じてるわけですよね。
表情もやってるんだけど、それより動きが....(笑)
なんか足元おぼつかなくて、しかも手は胸元(笑)

ああ、マリウス、面白すぎる...(笑)

彼は紛れもない、マリウスなんです。
でも、面白いんですよ(笑)

前半でそんな状態だったからどうなることかと思ったけど、
後半は大丈夫でした。
と言うか、後半になったら、「そうか、あれがマリウスだったんだ!」と。


藤岡マリウスとは違うんですが、岡田マリウスもマリウスって感じで。



あ、そうそう。
マリウスで登場してすぐあたりで、エポちゃんに髪を触られて、
「なんだよーふざけてーーー」というところがあるんですが、
役者さんによってちがくて面白いですね。


最初に見た泉見マリウスは。
「なんだよーふざけてーーー」の
「ふざけて」に重心を置いてる感じで、
「なんだよー」のところはいたずらされて、
「なんだよーーー(笑)」って妹に言ってる感じだったんですよね。

表情は見えなかったけど、多分笑ってそうな感じだったんです。


で、この岡田マリウス。
なんだよーふざけてーー」の
「なんだよ」に重点置いてたんですよ。
で、この日の「なんだよ」がものすごく酷かったんですよ。
あ、エポちゃん目線で言うとね。

なんか汚いものとか嫌なものを見るかのように、
「なんだよーーー(怯)」って完全に怯えてるんですよ(笑)
しかも、後ろに下がっていった(笑)酷すぎる...(笑)
ものすごい表情が怯えた感を出していて、そこでも笑えたのですが(笑)

ちなみにCDの山本マリウスは「なんだよ(怒)」と怒ってるっぽいですよね。




いやー、面白いですね、その一片でも全然違いますもんね。



基本的に、山本マリウスのCDから入った私は、
マリウスの歌うところとか登場シーンは、
CDのお陰で覚えてるんですね。

「誰が導くかー誰がこの国をー」を歌ったのが、マリウスだとか(笑)
泉見マリウスの時に非常に役立ったのですが。
でもね、いっつも「マリウス、少し休め」のところ前あたりで、
マリウスを見失うんですが、
いったいマリウスはどこにいるのでしょうか?(笑)
「少しやすめ」と言われたときには、いるんですよ。


岡田マリウスも見失いました....(笑)



アンジョにスポット当たってるからかな?
どこにいってるの、マリウス・ポンメルシー。
マリウス・イリュージョンですか?
デビット・カッパーフィールドですか?(違)



ああ、そういえば、「誰が導くかー」のところでは一番上にいるマリウスが、
「ラマルクは重病だー七日ともつまいー」のところに
来ると一段下がるんですが。

それがわかる時点で見過ぎですが(笑)


その「ラマルクはー」のところで岡田マリウスは足場を間違ったのか、
若干よろめいていました(笑)
ちょっと面白かった。


甘いマリウスでしたが、結構好きでしたよ。
ま、一番はね、藤岡マリウスですが(笑)

カフェ・ソングでトレンチみたいのを着ると一気に渋みが増す、
マリウス岡田40歳(笑)


いやー、40歳なんですねぇ、マリウス。
貧乏学生よりバルジャンの方が年下なんて(笑)



あと一回あるので、楽しみです。




で、東山アンジョ。

ダンサーなアンジョです。
某お方の好きな東山さんです。

ダンサーさんで歌が初ってことで、
どうなんだろー?と思ってたけど、
良かったです。
歌声も心地よかった、うん。

なんていうのかなー、凄いリーダータイプですよね?きっと普段も。
なんかそんな感じがしました。
「付いていくよ!」と思わせるんですよ、東山アンジョ。

もうね、てっぺんで「撃て!」とか言われたら、
私は撃ちますね(笑)

あとね、やっぱり体のラインが綺麗。
さすが、ダンサーさん。
動きとか綺麗なんですよ。
あと、指先まで綺麗なの、指先までピンッとしてるって言うか。

なにより、男前だった(笑)



あ、そうそう。
マリウスとアンジョ間で「おおお」と思ったのが、
弾丸が足りなくなってね、マリウスが「僕が行きます!」って言うけど、
その間にガブちゃんが取りに行っちゃって、
撃たれちゃうんですよね。

そのマリウスが「僕が行きます」と言った時に、
マリウスがアンジョにだきついたんですよ。
抱擁ですよ、流山ですよ(え)

いや、流山じゃないんだけどさ(笑)

多分マリウスから抱きついたと思うんですよね。
友に「死ぬかもしれないけど行ってくる」って言うのをね、
抱擁で示してた気がするんですよ。

そこに抱擁があるのとないのだと印象違うなーと思いましたね。


「行かせない、それは危険だ」も引き立つ気がした、なんとなく。

マリウスの「死ぬかもしれないけど行ってくる」って言うのもより強く感じたし、
アンジョが抱擁を引き離して
「行かせない、それは危険だ」と言うと、
その時も気持ちも、より引き立つ気がしたなー。


あれって、岡田マリウスと東山アンジョ間だけなんでしょうかね?
5月かららしいけどー。


その辺も、また見てこようと思います。



あ、あとシルビアは骨太なのか、病弱そうに見えなかったのが残念...
でも、凄い歌は良かったですよ。
好みとしては、マルシアかなー。



と、まぁ、そんなレ・ミゼラブル5月5日昼の部 感想でした。




モーツァルト!見に行きたいなー。

井上さんと中川さんは、顔が似てる気がする....(笑)
中川晃教のデビュー曲の「I WILL GET YOUR KISS」が好きだったな。
もう曲は忘れたけど、当時着メロにしてましたねぇ。

後藤真希が出たドラマの主題歌だったよなー。


中川晃教にマリちゃんの日がいいな、もちろんB席で(笑)
[PR]
by naturally24 | 2005-05-11 22:40 | 舞台